森のようちえん ぴっぱら

自然と人とふれあって生きる その人らしさが芽生えていく おとなもこどもも共に育ち合う 鷹栖の森のようちえん

切干大根づくり

春まき大根は大きくなりましたが、なんといっても辛い!!

子どもだけでなく、大人も手が伸びないほど辛い。

そんな大根が夏を過ぎ、秋を迎えても、畑で食べられるのを待ってくれていました。

 

f:id:pipparanomori:20170920224218j:plain

 

どうにかおいしく食べる方法はないだろうか?

そこで、子どもたちと切干大根にしてみることにしました。

 

f:id:pipparanomori:20170920224234j:plain

「かたーい」「からーい」と言いながら上手に包丁を使っていました。

 

 

f:id:pipparanomori:20170920224256j:plain

8本の大根を千切りにしたようです。

f:id:pipparanomori:20170920224311j:plain

網に入れて2週間ほどで切干大根ができるようです。

夜露や雨にあたらないように乾燥させます。

 

f:id:pipparanomori:20170920225046j:plain

おいしく出来たらまだ畑にいる大根も干してみたいと思います。

土とつながる日々を大切にしたいと思います。

 

『今日のぼくのやりたいこと』

 

f:id:pipparanomori:20170920225336j:plain

朝のミーティングでも粘土をやりたいと言っていた、たくみくん。

午後、林からぴっぱら小屋に戻るとすぐに粘土を出して遊んでいました。

 

『すごいスウィングでごみをはく』

f:id:pipparanomori:20170920225430j:plain

みんなで掃除すると気持ちいいね。

ありがとう!!

 

『本日の昼食』

f:id:pipparanomori:20170920230256j:plain

毎週水曜日は『かまど番』としてお母さんたちがご飯を作ってくれます。

畑の野菜も使っておいしいご飯を作ってくれました。

ごちそうさまでした。