森のようちえん ぴっぱら

自然と人とふれあって生きる その人らしさが芽生えていく おとなもこどもも共に育ち合う 鷹栖の森のようちえん

キラキラと輝いていました

ぴっぱら通信NO455より転載
    ぴっぱらが始まった時のお母さん
              いくらかおりちゃん記
キラキラと輝いていました

 久しぶりのようちえんぴっぱら。ゆきが卒園して2年半、知っている子は少ないので、私は少し緊張していた。子どもたちは一緒に遊んでくれるかな?私は受け入れてもらえるかな?そんな不安を持ちながら1日が始まった。
 Tとyとパレットヒルズへ向かう途中、二人と歩きながら、自分が日々身につけてしまっている「よけいなもの」をぬぎすてる。いらないのだ。そして、k、Rとげんごろうやエビを捕りながら、子どもに戻ってゆく。

 クワの実はTの案内で6本の木をはしごして食べた。お昼ごはん。持参したちょっと固い酵素玄米を「これ固いのよ」となのに一口あげると、その後、「固いの」とNは何口それを嬉しそうに食べただろう。午後、Rmのつみきはアートでした。小さかったYKやTSが、こんなにお兄さんに子供たちの底抜けのおもしろさに感心し、笑い、尊敬し、幸せをもらいました。一日じゃ足りないこれ感想です(笑)

 そして、出会った母たちの美しい事。子育て真っただ中の美しさ。キラキラと輝いていました。苦しかったり、迷ったり、不安だったり、自分を責めたり、余裕なんかどこにもなくて、いっぱいで、ギュッてなって。小さい人たちとの日々。

 こんなに幸せなのに、日々揺れてる自分がいる。私はそうでした。そんな自分と重ね合わせて、胸が熱くなりました。それでいい。だから、美しい。今を生きている!「あなたはあなたのままでいい」そう言ってくれるぴっぱらで、自分にうそなく、自分を許して、大切にして、自分になっていく。めいっぱい『今』を味わってくださいね。幸せな時間をありがとうございました。又、会える日まで。

f:id:pipparanomori:20190718190003j:plain

 

旧ぴっぱら小屋がなくなって、新しい物語が始まりました。

土曜日に、ぴっぱら小屋の最後の解体をしました。最初にお礼をして、一本づつ、屋根の梁や柱を抜いてゆき、最後の一本の柱を抜くところで記念写真を撮りました。古材をみんなで担いで運び、旧ぴっぱら小屋の材料は、まとめられ、ブルーシートの下に保管されました。ぴっぱらを始めた時の、枕木のテラスだけになりました。さて、又、物語が始まりました。

 

f:id:pipparanomori:20190715173854j:plain

f:id:pipparanomori:20190715173834j:plain

f:id:pipparanomori:20190715174509j:plain

f:id:pipparanomori:20190715175303j:plain

f:id:pipparanomori:20190715173906j:plain

f:id:pipparanomori:20190715174236j:plain

f:id:pipparanomori:20190715174959j:plain

f:id:pipparanomori:20190715174942j:plain

f:id:pipparanomori:20190715175847j:plain








 



ぴっぱら小屋とのお別れと解体はじまるよ

昨日は、小学生ぴっぱら!小学生もぴっぱら小屋とのお別れ!一枚づつ、壁の板をはずしました。帰りのミーティング後には、みんなでぴっぱら小屋を手をつないで囲みました。そのまま、「ぴっぱらはじまるよ~の歌」を歌って、歌いながらグルグル回って、最後に「ぴっぱら小屋ありがとう~!」と、叫びました。小学生たちとも記念写真撮れてよかったね。
いよいよ、解体始まりました。壁の取り外しと、その後は、屋根のポリカーボネイトはがし。
今日、7日は、本格的に始まります。

f:id:pipparanomori:20190707074149j:plain

f:id:pipparanomori:20190707075008j:plain

 


f:id:pipparanomori:20190707074202j:plain

f:id:pipparanomori:20190707074215j:plain

f:id:pipparanomori:20190707074225j:plain

 

f:id:pipparanomori:20190707074221j:plain

 

クラウドファンディングに協力いただいた皆様へ

4,572,789円のご支援をいただきました
今日からぴっぱら小屋の解体が始まります

クラウドファンディングに協力いただいた皆様へ                
             森のようちえん ぴっぱら代表
                     松下 理香子

朝から小雨が降りだし、なんとなくソワソワしながら準備を始めたあの日。2010年の5月にぴっぱらが始まりました。自宅周辺の田んぼのあぜ道や野山をお散歩して、帰って来たら、薪でおかずと汁物を作ってご飯を食べて解散。そんなシンプルな予定が決まっているだけでした。夫の工房のスタッフ達が雨を凌ぐためのシートを張ってくれてみんなを迎える準備が整い、ソワソワした気持ちを落ち着かせるために、いつの間にか薪に火をつけていました。到着した親子が火のそばにやって来て、みんなで火を見ながらこれからどうするか相談してお散歩が始まる。こども達はそれぞれカエルを見つけたり、走ったり、ジーっと座って何かを見つけていたり、誰かがつくしを摘みだしたらみんなでそれが始まったり。こどものペースでゆっくり歩くって、こんなに気持ちいいんだと思ったことが、私のぴっぱらの原点になっています。

 小雨の中、ゆっくりお散歩して、みんなでつくしのはかまを取ってきんぴらと豚汁、よもぎ団子を作ってお昼ご飯を食べておしまい。誰かが「今日が雨降りでよかったね」の言葉にみんなでうなずき合って、ホワーンと幸せな空気が漂った初回。たった週一回から始まったこの時間は宝物が一杯見つかる時間でした。家にいるとイライラするけれど、外にいるだけでいつもよりゆったりした気分でいられたり、他のお母さんやこどもと付き合うことで、自分の中の何かがほどけたり。何より、みんなで野菜を刻んで、薪に火をつけてご飯を作って食べるって楽しい!

 4組の親子から始まったぴっぱらは口コミで少しづつ増え続け、一緒に働きたいという若者も3人集まり、4年目から週4日、5年目から週5日のようちえんへと進化してきました。そもそも、お母さんが気を楽に子育てできる場づくりをしたいと30代から思い続け、自宅で親子で来られるカフェを始め、親子料理教室をしたりなど、そこで出会ったお母さん達と子育てにまつわる話をするうちに、もっとこの人達と深く関わりたいという気持ちが強まって行きました。たまたま知った、園舎を持たない「森のようちえん」というスタイルがフィットしてぴっぱらが始まりました。

 お母さんもこどもも、みんなそれぞれのペースで生きて行く。それは簡単なことじゃないですよね。周囲の目を気にして生きづらくなったり、私って「すぐ怒っちゃう」「ダメな母親」と自分にどんどんレッテルをつけていってしまう。自分以外の人はなんだかうまくできているように見えてしまいます。10代からずっと自分がどうやって生きて行くか、どんな職業に就くか、いわば自己実現のために生きてきたのに、我が子とはいえ、トイレに一人で行くこともままならないような、自分じゃない誰かのためにほとんどの時間を費やすことに脳をシフトチェンジするには時間がかかります。幼児期は親がこどものことを知って行く、そして親となった自分のことを知って行く時間なのかもしれません。つらいことが一杯起こるけれど、その時間がその後の互いの人生にとって、最大に大事な時間だとわが身を振り返っても思います。その大事な時間を、どこで、どんな価値観の人達と過ごすかでもその後の人生、子育て観が変わってくると思います。

 ぴっぱらは大人もこどもも助け合い、人の気持ちも、自分の気持ちも大事にし合いながらみんなで育ち合う場所です。こどものこと、自分の生き方、家族のこと、人間関係、うまくいかなければまたそこからやり直せばいい。一杯考えて、でもそれ以上に一杯感じて腑に落ちて行く。その繰り返しの中で、また今日もやってみようと思える場や人との関係性がそこにある。そういう場作りをこれからも一緒にしませんかという想いでいます。

「幼児教育無償化」という政策で思いもしない選択をすることになりました。なんだか似合わないな~どうなるのだろうとも思います。でもこの場が、この文化が続いて行くために必要な選択だと思っています。世の中の流れはどうであれ、自分の生き方は自分で決める。それはとても勇気のいることだけれど、こどもも大人も自分の人生を切り開いて行ってほしいと思います。今回のクラウドファンディングで予想以上のお金が集まりました。たくさんの方にご支援を頂き、感謝の気持ちで一杯です。それと共に、お金を集める目標とは別に、応援や共感の言葉を沢山頂きました。今まで知る機会がなかった想いを頂いたことが、強い励ましとなってまた新たな始まりを歩んで行こうという気持ちを後押しして頂きました。ここからまた困難なこと、乗り越えなければならないことも多々あると思いますが、これからのぴっぱらもどうぞ見守って下さい。皆様、本当にありがとうございました。

画像に含まれている可能性があるもの:17人、、松下音次郎さん、湯本 赦頼さん、加藤 詩子さん、川原 允さん、中井 貴子さん、Yo-ko Kita Shimizuさんなど、、スマイル、空、屋外f:id:pipparanomori:20190706082241j:plain

 

 

子ども達はいつも前を向いている‼ 

 


今日からぴっぱら小屋の解体が始まります。

小学生ぴっぱら通信NO153号より転載
             小ぴ母 おのゆうこ

子ども達はいつも前を向いている‼ 

ずいぶん先と思っていた7月があっという間に来てしまいました。クラウドファンディング!色んな皆様のお気持ちが集まって素晴らしい成果がありましたね(*^^*)すごいなぁ~ぴっぱらの持つ力をまたまた感じています。スタッフ、周りで盛り上げて下さった皆様ありがとうございました。6月22日の小ぴ、雨のふる1日でしたがいつもながら楽しく過ごしました。改めて子ども達すごいなぁ~って出来事を伝えたい私です。
  朝のミーティング。いっぱい話を聞きたいスタッフに、遊びたい子ども達…しゃべりたい子だっているから、その日、その時で色んな様子がありますが、なんだか22日のミーティング、素敵でした。まず、釣りが好きなはるとがホッケ釣りの絵本を持参。かわごんが読み聞かせてくれました。ミーティングが面倒で将棋しながらの子ども達も、海に出て行く話と、力強い絵に思わず見とれたり。絵本ってすごいなぁ。そして、ちょっと遅れてきたそうたろう。白樺とお別れが悔しくて怒りながら小屋に入ってくる…。気持ちを聞き出すかわごんに寄り添うじゅんき。そうだよね。大好きな樹が切られちゃうのは悔しいよね。そんな気持ちをストレートに表せる事に感動。わたしも一緒に悔しくなるよ。

 りかさんから、大事なお話。「森の小屋が家事になりました」「森は燃えなかった?」「良かった~」「大切な小屋だったのに、お泊まり会泊まる場所なくなっちゃうよ」「そしたら、小屋作らなくっちゃ」みんなで小屋を作りたいとしばらく盛り上がり。クラウドファンディング祭りも中止になった事、残念だったよね、と話した後も、新しい小屋の話になり、「隙間風も、雨漏りもなくなっちゃう」「ぴっぱらの歌と違っちゃう」「こうよう3番作ったから、また、新しい歌作ろう!」大人は過去の失敗や未来の不安に備えて色んな事を心配しちゃったりするけれど、今を生きている子ども達、いつも前を向いているんだな。清々しいなぁ~と見習いたくなったミーティングでした。

f:id:pipparanomori:20190706080915j:plain

f:id:pipparanomori:20190706082652j:plain

 

「食べることの記憶」   りかこ記

 ぴっぱら初のクラウドファンディング、残すところあと今日1日
たくさんの方々からの寄付、ご支援に、あらためて感謝しています。

最後の1日『そういえば』という方、下記リンクからよろしくお願いいたします。

  

新たな拠点ぴっぱら小屋プロジェクト ~10年目の挑戦~ – 北のNPO基金


ぴっぱらで大切にしていることのひとつ、食べることについて。
【森のようちえん ぴっぱら代表・松下 理香子】の想いを紹介します。

「食べることの記憶」
.

春、雪解けと共にひょこっり顔を覗かせるふきのとう。
あの淡い緑を見つけた時の喜びは何ともいえません。
.
ぴっぱらのこども達はそれを見つけると、「ふきのとう味噌食べたいね」なんて憎いことを言います。
その後もつくし、ふき、やちぶき、エゾエンゴサクなど、毎日、お昼ご飯の食卓にのぼります。
それを好きな子もいれば、食べられない子もいます。それでも毎年繰り返すうちに、散歩しながら見つけては「お土産だよ~」と誇らしげに持ってきて、今日はこれ食べようねとか、お母さんにあげるんだと嬉しそうなこども達。
.
笹の子が出てきたら、焚火で焼いておやつになったり、採りたてのうども焼いて、刻んで醤油をかけたらそれに群がるこども達。イタドリが出だしたら、砂糖で煮て甘ずっぱいジャムに。
初夏には山のあちこちに桑の実、さくらんぼ、すもも、暑い時はぶどうの葉っぱの茎をかじって「すっぱーい!」けど暑さをしのげます。
.
秋になると、山ぶどう、こくわを求めてこども達は山道を歩く歩く。ついでにくるみも拾って冬の間の大事なおやつに。薪ストーブの上で焼いて、トンカチでたたいて、竹串で掻き出して食べます。その真剣な姿の可愛いこと!どんぐりも一杯拾ってお店屋さんごっこの大事なお金になったり、駒やネックレスになったりもします。
.
決して山菜だけを食べているわけではありません。自前の畑で野菜も育て、それが日々の食材になったり、枝豆がおやつになり、大豆は味噌に。大根は冬の間の漬物、じゃがいもも次の年の夏頃まで大事に食べます。
ご近所さんや知り合いからとうきびやすいかを頂くと「やった~」と声が上がります。
.
こうやって書いてみると、四季折々、自然の恵みを一杯頂いていることに改めて幸せを感じます。
.
こども達と「今年は山ぶどうと、こくわが少ないね~」「くるみとどんぐりは一杯だ~」とか、そんな会話をしながら自然のサイクルの中で生かされていることをひしひしと感じます。
.
一日中野外で過ごす「森のようちえん」ならではの感受性を日々育んでいるこども達。
チョコレートやジャンキーな食べ物も美味しいし、大好きだろうけれど、大きくなったら、山で食べた木の実や山菜の味を覚えているだろうか?冬の手前の雨が続く寒さや、雪解けの土の匂いがぷーんとしてくるのを覚えているだろうか?
.
それはどうであれ、今こども達と四季折々の食べることの楽しみや、その都度見つけて行く遊び、自然の美しさや過酷さを存分に味わいながら、豊かな日々を小さい人達と営んでいます。
.
ぴっぱらの「食べる」ことや、それにまつわる「遊び」の記憶が、かすかでも彼らの中に残って行きますように。

f:id:pipparanomori:20190630090908j:plain

f:id:pipparanomori:20190630091056j:plain

f:id:pipparanomori:20190630090928j:plain

f:id:pipparanomori:20190630090920j:plain

f:id:pipparanomori:20190630090935j:plain

f:id:pipparanomori:20190630091411j:plain

 


 

私のぴっぱら◇ありがとう【幼児ぴっぱら・ゆめこの母、詩子】 応援コミュニティー投稿

私のぴっぱら◇ありがとう【幼児ぴっぱら・ゆめこの母、詩子】


ここは、私の大切な場所、#森のようちえんぴっぱら です。
私がぴっぱらに初めて訪れたのは3年前、娘が1歳の時です。

☆なんてあったかい場所なんだろう☆
そう感じて、親子で通い始めました。

私自身、子育てで一番大切にしていることは、娘が生まれたその瞬間から、親と子である前に、私もあなたも、1人の人間であること。だから、娘には自分の想いを大切にしてほしい、どんな時も自分を持ってほしい!そんな想いで、娘と毎日過ごしていました。
.
そんな、私の想いをそのまま大切にしてくれる場所がぴっぱらです。

親子でぴっぱらに通いはじめたある日の、スタッフと子どものやりとりが私は今でも忘れられず、その姿を見てから、自分の娘もこんな素晴らしい環境やスタッフの元で育ってほしいと思いました。
.
そんな素敵な姿→ハンモックに4人の子どもとスタッフ1名が乗っていた。そこへ、2人がさらに加わりぶら下がる。(この時点で、普通と呼ばれるような社会の大人は、何人までね、と決めて危険を起きないように、止めてしまうだろう。)
.
しかし、すでに6人乗るハンモックにさらにもう1人が「いれて」と言うと、スタッフは「いいよ〜」
子ども達は、どうにかみんなが乗れるようにそれぞれが、協力しあって寄ってあげたり、ハンモックにしがみついたりしていた。

世の中には理不尽なルールが多い、ブランコは1人一つだとか、なんとなくだけど、そうしなければ、ならないという思考が働いてしまう。
.
しかし、ルールに縛られず自分達自身でどうすれば、怪我しないで遊べるのか、どうしたら、楽しく遊べるか、そう考えながら自由に遊べる場所が、今の世の中にどれほどあるのだろうか?と、私は、その場面を見てハッとした。

きっと、【自由】っていうと、いいね自由でって言われる。
その環境を保って、その環境で色々挑戦するには危険だって伴う。
.
大人の一言で「それはダメ」って言うことは簡単かもしれないけど、自由ほど、危険なことはない。しかしその中で、子ども達をのびのびとさせてくれるスタッフにはいつも感謝しかありません。


生活拠点にしていた、小屋が、このたび保育料無償化対策に向けて、新しいぴっぱら小屋になるため、壊されます。
.
今日は娘とぴっぱら小屋に”ありがとう”を言い、記念写真を撮りました。少し写真フォルダを見返して、小屋での思い出も振り返ってみました。
.
※記念写真撮影:2019.6.27
 ぴっぱら小屋の前、スタッフのじゅんき、まりちゃん、なっつと。

f:id:pipparanomori:20190628224600j:plain

f:id:pipparanomori:20190628224539j:plain

f:id:pipparanomori:20190628224554j:plain

f:id:pipparanomori:20190628224545j:plain

f:id:pipparanomori:20190628224527j:plain

f:id:pipparanomori:20190628224604j:plain

6月28日金曜日、ぴっぱらのクラウドファンディングはいよいよ残すところ3日間!ラストスパートです。

どうか最後まで、ご支援よろしくお願い致します☆

https://npoproject.hokkaido.jp/project/489.html