森のようちえん ぴっぱら

自然と人とふれあって生きる その人らしさが芽生えていく おとなもこどもも共に育ち合う 鷹栖の森のようちえん

はじまるよの会

4月8日(日)はじまるよの会が行われました。

f:id:pipparanomori:20180408162830j:plain

晴れたり、曇ったり、雪降ったり空もいろんな表情でお出迎えしてくれました。

 

f:id:pipparanomori:20180408162207j:plain

『はじまるよのうた』(作詞:ぴっぱらのみんな 作曲:じゅんき)をみんなで歌って

はじまるよの火をつけます。

f:id:pipparanomori:20180408162343j:plain

今年も林で2000年生きるといわれる「森の神様」がやってきてくれました。

f:id:pipparanomori:20180408162414j:plain

今年の神様はかわいいですね。

f:id:pipparanomori:20180408162446j:plain

そのあとは、1人ひとり家族紹介。

子どもたちも薪を一本ずつはじまりの火にくべていきます。

f:id:pipparanomori:20180408162711j:plain

1年間みんなが元気に遊べますように!!

そして最後はもう恒例の儀式となった『子どもわたし』

f:id:pipparanomori:20180408162746j:plain

輪になって子どもを隣の人に渡していきます。

抱っこされて嬉しい子、照れくさい子、泣いてしまう子いろいろいますが…

ここは、みんなで子どもを育て、育ちあう場所だということを強く感じる瞬間です。

 

お昼ご飯はお餅を食べました。

 

f:id:pipparanomori:20180408162907j:plain

みんなでお餅つき!!餅をつく父たちが頼もしい!!

f:id:pipparanomori:20180408162939j:plain仕上げは子どもたち。

f:id:pipparanomori:20180408163011j:plain

美味しいお餅がつけました。

f:id:pipparanomori:20180408163048j:plain

 

準備や片づけや餅つきを集まったみんなでやるぴっぱらの『はじまるよの会』

ここはみんなで育ちあって、みんなで作っていく場所。

さあ、今年は19組の家族で森のようちえんぴっぱらがはじまりました。

 

 

ありがとう

f:id:pipparanomori:20180403173945j:plain

 3月24日土曜日に林の中ありがとうの会が開催されました。

 

当日「卒園おめでとうございます」という言葉がなかなか出てこない。

身体の中で消化されずに、扱い方がわからず…やっぱり「ありがとう」という言葉がしっくりくる。

 

 

f:id:pipparanomori:20180403173418j:plain

f:id:pipparanomori:20180403161845j:plain

出会ってくれてありがとう。

この場所を一緒につくってくれてありがとう。

…そして、これからもよろしくお願いします。

 

やっぱり、こっちの方がしっくりくる。

 

沢山雪が降った冬が終わり、ぴっぱらにもまた春がやってきました。

 

 

きみはどこまでを考えてその段ボールに穴をあけたのかな?

 

3月14日(水)

テーブルを作りはじめていました。

「ちょっとーかわごん、そこもっててー!!」と足を打つのに苦戦していました。

f:id:pipparanomori:20180318162908j:plain

 段ボールを天板に薪を足にしています。

でもどうして真ん中に穴が開いているのでしょうか?

f:id:pipparanomori:20180318162936j:plain

今度はアルミで穴を閉じていますね。

f:id:pipparanomori:20180318163011j:plain

14日はここまで、帰る時間になってしまいました。

テーブルを作ったことが嬉しかったようで、家に持って帰っていました。

 

3月15日(木)

次の日、そのテーブルをぴっぱらに持ち帰ってきました。

そしてようやく、このテーブルに穴が開いている理由がわかりました。

f:id:pipparanomori:20180318163134j:plain

なんとこの穴は炭をおくための穴でした!!

 

f:id:pipparanomori:20180318163259j:plain

『やさいや』さんがオープンしました。

メニューは焼き白菜

f:id:pipparanomori:20180318163233j:plain

適度な塩味と焦げ、燻された香りがなんとも言えない美味しさとなっていました。

 

3月16日(金)

朝のミーティングでは今日も『やさいや』さんをやるとのこと…

パレットヒルズから帰ってきて13:00からオープンすることになりました。

昨日の美味しさを覚えている子どもたちで『やさいや』さんはにぎわっていました。

 

 13:00…

f:id:pipparanomori:20180318163634j:plain

この日Hも一緒に焼きたいと言っていました。しかしはじめNは「えーいやだなーひとりでやりたいんだよ!!」と断り、そこから言い合いからはじまりました。

 

「だって昨日うまくいかなかった。言うこと聞いてくれない(言うこと聞いて欲しい)!!」とN

 

「じゃあもうずーっとひとりでやればいいよ!もう一生だれもいれないってことだね!」と捨て台詞。Hは怒っていました。

 

なんとなくNの『言うこと聞いて欲しい』という想いが届いているか、心配になりHに話を聞きに行こうとしました。

 

そんな時「かわごん、ケンカしているわけじゃないんだよ。」とN

「そうなの?じゃあ一緒にやるの?」と僕

 うなずくN。

 

「ケンカしているわけじゃないんだよ」という言葉の真意はわかりかねますが、かたくなだったNの中でなにかが動いた瞬間でした。

固まった表情がふっと笑顔になっていきました。

 

f:id:pipparanomori:20180318163555j:plain

 

15日のメニューキャベツ焼き。

テーブルを風よけに立てたり、ソリに乗って買いに来るドライブスルーのお店になったり…

f:id:pipparanomori:20180318163510j:plain

調和的な雰囲気の中『やさいや』さんは続いていきました。

 

テーブルのアイディアにただただ驚かされました。

 やさいやさんの雰囲気がとても穏やかで居心地が良い。

 これはお客様を惹きつけるはずですね。

 

君はどこまでを考えてその段ボールに穴をあけたのかな?

創造が想像をこえた遊びになっていく

はじめは一人だけど…

 

f:id:pipparanomori:20180316203250j:plain

今日は天気が良かったのでみんなでパレットヒルズに行きました。

池の氷が溶けはじめましたが、まだまだ雪遊びが楽しめます。

f:id:pipparanomori:20180316203308j:plain

そんな池に大きな雪の塊を落としたい!!

…と意気込んでいましたが一人では動かせません。

「これはみんながいないとできないよ~」とくじけそうになっていました。

f:id:pipparanomori:20180316203325j:plain

しかし、これはおもしろそうだと、だんだん人が集まってきました。

面白いをかぎ分ける嗅覚が鋭い子どもたち。

f:id:pipparanomori:20180316203342j:plain

雪の前を削ってやると、重みで前に進んでいきます。

f:id:pipparanomori:20180316204208j:plain

ここに入れたいそうです。

f:id:pipparanomori:20180316204309j:plain

手や頭で力いっぱい押していますね。笑

f:id:pipparanomori:20180316203402j:plain

さあ、もう少し!!

f:id:pipparanomori:20180316203746j:plain

どっぼーん!!

無事に水の中へ雪の塊を落とすことに成功しました。

誰がおす?スコップは誰が持つ?

そんなぶつかり合いをしながら最後には自然と力を合わせていました。

 

雪を落とした後は…別の水源へ…

f:id:pipparanomori:20180316203434j:plain

今度はみんなで雪の橋を作っていました。

 

本日の池ポチャ人数は4名!!

思ったより少なくて、着替えが楽でした。笑

赤い色の世界を歩く

朝のミーティングでパレットヒルズに散歩に行きたいという子がいました。

4人で散歩に行くことになりましたが、なかなか出発しません。

というもの… 

f:id:pipparanomori:20180313234347j:plain

めがねを作ってから行くというのです。

f:id:pipparanomori:20180313234537j:plain

はじめは眼鏡いるかな?とも思ったのですが…

もし赤色のレンズで眼鏡ができれば、真っ白い雪の世界がどんな風に見えるのか?

そんなことにわくわくしてきました。

結局、眼鏡は望遠鏡となり、一人一本望遠鏡を作って散歩に出かけました。

 

f:id:pipparanomori:20180313234428j:plain

赤色の世界はどんな風に見えたかな?

 

この時期は日中気温が上がり、夜冷えます。

すると雪はしまり、足がうまることなく雪の上をどこまでも歩いて行けます。

林に寄り道してみました。

 

f:id:pipparanomori:20180313234452j:plain

ネコヤナギやサクラ、センノキ…

f:id:pipparanomori:20180313234511j:plain

新しい芽をつけていました。

f:id:pipparanomori:20180313234630j:plain

林の頂上を目指します。

f:id:pipparanomori:20180313234658j:plain

f:id:pipparanomori:20180313234723j:plain

たいした高さではありませんが、頂上という場所はこういうポーズをとりたくなりますね。笑

f:id:pipparanomori:20180313234742j:plain

頂上で行動食のレーズンをたべました。

子どもたちは木の上でピチュピチュ鳴いている鳥を見つけると、雪の上にレーズンを少しまき、お裾分けしていました。

人間がいなくなったら食べにくるそうです。

f:id:pipparanomori:20180313234809j:plain

空も赤色に見えるかな?

最後はパレットヒルズまで歩き、ソリ遊びをしました。f:id:pipparanomori:20180313235450j:plain

f:id:pipparanomori:20180313235406j:plain

世界が赤色に見えるだけでいつもの場所が少し違う特別な場所となりました。

 

普段ダメと言われることが子どもたちにとっては遊び場なのだということ

ここはどこでしょうか?

f:id:pipparanomori:20180310190002j:plain

なんと納屋の上です。

f:id:pipparanomori:20180310193706j:plain

屋根の上にテラスを作ったそうです。

f:id:pipparanomori:20180310190029j:plain

f:id:pipparanomori:20180310193513j:plain

昼ごはんも食べれる気持ち良い場所になりました。

 

今日はお母さん方はお話会の一日

f:id:pipparanomori:20180310190051j:plain

お母さんたちとのこういう時間をたくさんつくりたい。

 

そんな頃、子どもたちは木の上にいました。

f:id:pipparanomori:20180310190115j:plain

下にひょっこり見えているのはぴっぱら小屋の煙突です。

雪原では

f:id:pipparanomori:20180310190154j:plain

野球も…

僕もやりましたが、2対4で負けました。

ぴっぱら小屋では…

今日も手芸が盛り上がる。

f:id:pipparanomori:20180310190237j:plain

割りばしでお人形を作っていました。

f:id:pipparanomori:20180310194337j:plain

ナイフとやすりを使ってバターナイフ作りも盛り上がっていました。

 

今日は小屋よりも外の方があたたかい。

f:id:pipparanomori:20180310190400j:plain

雪をとばす除雪車も子どもにとっては遊ぶ場になってしまいますね。

最後はおやつにパンケーキも作りました。

f:id:pipparanomori:20180310193349j:plain

 米粉と片栗粉を作ったパンケーキ

f:id:pipparanomori:20180310190449j:plain

 『白崎茶会のあたらしいおやつ』のレシピで作りました。

f:id:pipparanomori:20180310190540j:plain

おねがーい!!

味見させてー!!と頼んでいます。

f:id:pipparanomori:20180310192851j:plain

もう片付け間近… 

鉄板の端っこは火が届かないことを知っているので、あの手この手で急いで焼いていました。

写真見てると屋根の上、除雪機の周り、木登り、ナイフ…

普段ダメと言われることが子どもたちにとっては遊び場なのだということが伝わってきました。

 

 

だんだん、あたたかくなってきた一週間

気温が10℃近くにもなる日もあったり、春の訪れを予感させる1週間でした。

【飛行機パート1】

気温が高くなり雪が固まりやすくなりました。

f:id:pipparanomori:20180310182623j:plain

穴を掘ってなにやら作っていますね~

f:id:pipparanomori:20180310182645j:plain

飛行機の完成です!!

f:id:pipparanomori:20180310183806j:plain

運転席のハンドルはノコギリが使われていました。

f:id:pipparanomori:20180310183858j:plain

機内食だそうです。(笑)

【飛行機パート2】

紙飛行機を外で飛ばしたい!!

f:id:pipparanomori:20180310182727j:plain

紙にアルミホイルをつけて折りました~。

工夫次第で雪の上でも紙飛行機を飛ばせました。

 

【おこしもの~ぴっぱらの郷土菓子?】

米粉で作るお雛祭りのお祝い菓子

f:id:pipparanomori:20180310183336j:plain

f:id:pipparanomori:20180310182820j:plain

色々な形の型に、好きな色の生地を詰めていきます。

f:id:pipparanomori:20180310182951j:plain

f:id:pipparanomori:20180310182905j:plain

最後に蒸して完成!!

f:id:pipparanomori:20180310184355j:plain

ゆうこちゃん、1日ありがとう!!

来年もやろうね~。

 

【お好み焼きづくり】

やりたい子で野菜を切りました。

f:id:pipparanomori:20180310183111j:plain

お泊り会の時に少しだけ残っていたジャパチーズも特別に入れてみました~

f:id:pipparanomori:20180310183145j:plain

切り終えると…

f:id:pipparanomori:20180310183216j:plain

包丁をナイフに持ち替えて工作を楽しんでいました。

切るのは楽しいね~

 

【ままかまど】

f:id:pipparanomori:20180310185143j:plain

一週間に一回お母さんたちがご飯を作ってくれます。

今回はメンチカツ!!

大人気でした!!

 

【創造力】

f:id:pipparanomori:20180310183239j:plain

どんなことを考えたらこんな作品が作れるのでしょうか?

すごい!!